看護師は離職率高い職種?好条件の求人に転職する人が多いから?

看護師というのは、大変なことも多い職業ですが、他の仕事よりは、続けやすい仕事であるともされています。
妊娠により、一度休みを取ったとしても、再就職しやすい職業でしょう。
高レベルな専門性が産休の後の復職のしやすさにつながっていると考えられるでしょう。
就職先に困ることがないとされるわりに、離職の割合が高い職業です。
看護師になるための手段として、医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。
大学の特徴を挙げると、最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。
そして、専門学校の場合は、実習など現場に即した内容が多いので、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。
その他、学費に関してもなんと大学の学費の十分の一程度です。
看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、知っておきましょう。
まず第一に、術前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、スキルアップに繋がります。
考えられる短所はといえば、一人の患者に対応するのが短期間であるため、腰を落ち着けて患者の看護を実践するのが難しいことです。
新卒で勤め始めた新人看護師や、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、残業したことによって支払われるべき給金がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。
残業代の未払いは、労働者が新人かどうかは別の話で労働に関する法律に、明らかに違反しています。
残業も完全に仕事のうちですから、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。

看護師転職の面接でよく聞かれる質問は?NG回答を確認【失敗例とは?】