リフォームローン審査に通るには?審査内容と借りやすさは?

リフォームローンを探すオススメの方法として口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

しかしながら、住宅事情は人それぞれで条件等異なるので一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

まず最初に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な金額を計算し条件に合致するリフォームローンを見つけましょう。

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

また、中古住宅の購入と併せてリフォームを考えている方は一体型のリフォームローンを選択することで、金利を抑えることができます。

リフォームローンが余った場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように上乗せ融資を勧めてくる施工業者もいるみたいです。

また、追加融資が難しい金融機関においては担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

融資側は最終的に完済されれば問題が無く、そのまま放置していても構わないようですが余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保を用意する必要のないリフォームローンです。

保証人や土地建物などといった担保を用意しなくても良いので手軽に利用出来るローンです。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型に比べて不便に感じる点も多くあります。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは小規模なリフォームといえるでしょう。

持ち家で、少額のリフォームということになれば割と余裕がある人のリフォームと判断されることが多く審査に通りやすいという傾向があるからです。

ご存知の事とは思いますがリフォームローンの金利相場は市場金利によって上下します。

担保があるか否かによっても金利が変動し最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利タイプを大きく分けると2種類あり固定金利型と変動金利型の2種類に分けられます。

変動金利型は市場金利に伴い6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

さらに固定金利型には永続的な長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利で満了するごとに長期型か変動型に変更することができる固定金利選択型があります。

楽天にもリフォームローンあるのですが、楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)といった商品があります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新商品である【フラット35】リノベが販売されています。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は当初5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることです。

気を付けなければいけないこととして、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

リフォームローン金利比較を効率的に行う時は評判の良い比較サイトを利用すると良いでしょう。

比較サイトなら複数の金融機関が掲載されていますし、限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

金利や借りやすさや借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

親切なサイトでは金融機関のリンクが貼られていますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要でネットで完結できるローンが増えています。

アルヒのリフォームローンは 申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内と高額で、返済回数は12回から420回となっており、住宅ローン並みに長期のローンを組むことができます。

そのため契約には連帯保証人が必要になり融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、任意で団信保険付プランを選択することもできます。

利率は変動金利型となっており、4月1日、10月1日の年に2回の長期プライムレートを、3か月後の口座振替から適用となります。

アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

極力低金利でリフォームローンを借りるためには担保型のローン一択です。

リフォームローンには担保形というものと無担保型というものがあるのですが金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。審査の内容は難しくなっていることもあるのです。

参考:リフォームローンの審査内容と借りやすさは?【審査通りやすい銀行は?】

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型は期間は最長35年で上限金額は1000万円から1億円になり長期的なローンを組むことが可能となります。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型の金利が約2から5%に対し、担保型の金利は約1から2%となっています。

加えて、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは金融業者のHP上に設置されています。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると複数の検索結果が表示されますので、上位のサイトへアクセスしましょう。

借入希望額、返済期間などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報の登録をせず試算することができますのでローンを組もうとしていることばばれてしまうのではという不安を抱く心配はありません。

返済額の計算は複雑ですのでリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

正しいリフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけないということです。

借入れ可能な期間や上限金額や担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

団信の加入可否や手数料などの諸費用や審査内容もも比較検討したほうが良いでしょう。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

リフォームローンは様々な会社から魅力的なプランが用意されていますのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

リフォームローンによって受けることができる控除には所得税の控除があります。

申告を行う事で当年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件付きになっています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリー化の工事については20万円と定められています。

共用する控除の要件として自分が所有し居住することや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、工事をする上で最も大切なことと言えます。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円程度です。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多いと返済額が莫大に膨れ上がってしまいます。

無理のない返済額に応じた借入額を事前にシミュレーションすることがリフォームローンを組むうえで重要なのです。

リフォームローンの一体型とは簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いので一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

ですから、物件探しと同時にリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はその原因を丁寧に分析することが大切です。

落ちてしまった要因として借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった融資できないと判断されてしまうなんらかの問題があったのかもしれません。

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

まずは残債をなくすことがまずは求められます。

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか、それは施工する業者によって様々です。

工事に取り掛かる前に頭金が必要になる業者や工事完了後に一括払いでOKという業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、少なくとも2 3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。